ハロワ、転職サイト色々ありますね

 

当サイトは40代になってから転職を考えてしまった人はどのように活動を進めていくべきかをお話しています。特に仕事を探すための媒体として「ハローワーク」「転職サイト」があります。それらをどのように使うべきか、あるいは使わないべきか。様々な情報を参考に選んでみてください。

 

飲食店での調理の仕事をしていました。ただ、年齢的にも立ち仕事が辛いことや、拘束時間も長くシフト勤務が大変だったこともあり、次の仕事は長く続けられて身体への負担も少ない仕事に転職しようと考えました。転職した仕事は、通信会社でのコールセンターの仕事です。事前に行われた数週間の研修がとてもしっかりとした内容だったので、その期間中にきちんと内容を把握し仕事に必要なスキルを身につけることができました。時間も9時から17時までの規則的な時間帯ですし、残業もな無いので働きやすいです。一日中座っているので、腰に負担が掛かりそうですが前の仕事に比べれば楽なほうだと思います。

 

最初は友人にどこかいい仕事があれば紹介して欲しい、と声をかけていたのですが紹介された仕事は給料が安かったり、激務すぎる職場だったりで、なかなか自分が転職して働きたいと思える職場には出会うことができませんでした。そこで、次にしたことはハローワークに行ってみることです。数少ない仕事の休みの日をハローワークへ通うことにしました。ただ、そこで思ったのはいつも求人を出している会社が同じ企業ばかりだということ。そして、年齢的に応募できる求人が少ないということです。最終的には、求人サイトを見て良さそうなところに応募した結果、採用されました。

 

転職を経験して思うことは、やはり年齢とともに条件の良い求人数は少なくなる傾向にあるということ。そして、現場で働くことよりもマネージャー的にまとめ役を求められたり、即戦力として働ける人材が必要とされているんだな、ということを実感しました。40代向けの求人は少ないかもしれませんが、その中から自分の納得のいく条件で働けそうな仕事があれば、迷わずに応募してみるといいと思います。気持ちとしては、もうその職場でずっと働くつもりでいたほうが良いような気がします。失敗するかも、と迷っているよりもどんどんチャレンジしたほうが、成功に近づくはずです。